忍者ブログ

血の染み付いた手帳

しがない傭兵が偽りの島で過ごした日々の記録
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

07162339 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • :07/16/23:39

12062320 Day23 -勇者-

   -0-

 水飛沫。

 水上を傭兵が走る。それに追随する影。小柄な獣の姿。

 互いに全身傷だらけ。歴戦の古強者の一人と一匹が併走するようにひた走る。
 森の果て。荒野へと通じる谷の出入り口。一人と一匹の邂逅の場所。

 瞬転――獣が水を蹴って加速。

 傭兵は身を捻る。かわす。
 かわしきれず、肌に血の線が浮く――鋭利な、獣の爪。

 ビーバーと恭平。戦う二人の名。

「悪党が!!」

 ビーバーの叫び。水上を転がり、そのままの勢いで、再び水上を走る。
 恭平へと向かって転じながら、血に濡れた爪を振り払った。澄んだ水に赤が混じる。
 
 燃える瞳が恭平に向けられる。敵意と、正義感と。

「……誤解、と言っても聞きはしない、な。」

 正面から、恭平。電光石火の動き。さらに、加速した。

 ビーバーが迫る。その牙と、爪。鋭利な凶器。
 恭平が短剣を構える。磨き抜かれた、その凶器。

「俺の自慢の歯だぁ!」

 ビーバーが飛び掛る。――噛み付き。

 短剣を盾に、一撃を防ぐ。歯と刃の間で火花が散る。押し合う、へし合う。

 恭平の蹴り。そのつま先を蹴って、ビーバーが跳んだ。空へ。

「これがかつて谷を救った奥義だ!」

 空襲。急降下するビーバー。その狙い――恭平の肩口。

 恭平が空を仰ぐ。太陽を背に迫るもの――大口をあけたビーバー。
 咄嗟に身を前に投げ出した。水上を転がり、そのままの勢いで陸地へ。

 ビーバーの一撃――空を切る。

 盛大な水飛沫。水の壁を突き破って、ビーバーの姿が水中に消えた。

「……やるな。」

 鋭く光る恭平の眼光。その先に、水中を泳ぐビーバーの影。
 巧みな泳ぎ。すぐさま、湖の端へ。飛び出すようにして陸地へあがる。

「やるじゃねぇか。」

 水をはき捨てる、ビーバー。恭平と似通った感想。

 二人の間で通じ合うもの――相手が強敵であるという認識。

「……。」

 互いに無言。大地を蹴った。

 空中の激突。短剣と爪―-せめぎあう。

「……ッ!!」

 恭平の呼気。爪が、断ち切られた。鋭い爪が宙を舞い、遥か後方の土に突き刺さる。

「俺のっ、爪がっ!!」

 ビーバーが跳び退る。驚愕に彩られた、その表情。
 より強い戦意に瞳を燃やして、ふたたび、大地を蹴った。

 恭平を残して、水上へと。

「罠か? ……逃がさん。」

 激震――電光石火。円状の煙を残し、恭平が加速する。ビーバーの後を追い、水上へ。

 追うものと追われるものの水上劇。立場を逆転しての再現。
 水を蹴る。飛沫があがる。沈み込むよりも早く、前へ。

「負けらんねぇ」

 ビーバーの姿が消える。――水中へ。

「……くっ。」

 足元から、水を割っての襲撃。

 恭平――逃れるように空中へ。
 ビーバー――水中から宙へ。

「くらいやがれ!」

「……いけ。」

 ビーバー――残された爪を突き出し、錐揉み飛行。
 恭平――迎え撃つように銀光を放つ。鈍色のワイヤー。

「ぐあぁぁぁぁ。」

 激突。

 高速で放たれたワイヤー――ビーバーの爪を弾き、無防備な身体を襲撃。
 切り裂かれ、力なく落下する。水面に叩きつけられる。

 あがる水飛沫。水面に四散する赤。ビーバーの血。

「……やったか?」

 月面宙返り。湖上を越えて、陸地に恭平は降り立った。

 湖面が赤く染められている。獣の小さな体から溢れたとは思えないほど。

「まだだ!! 俺には、まだ、この歯がある!!」

 怒りの声。全身を赤に染めて、ビーバーが水中から現れる。
 両の爪は断ち切られ、満身創痍。

 爛々と眼だけが燃えている。

「……。」

 無言。その意志だけを汲み取る。飽くなき闘争心――戦わなければならない理由。

「勝負だ。」

 ビーバーが走る。血が噴出す。身体の限界を越えたその速度。

 恭平が走る。大地を二度蹴って、加速。空気の壁を突き破り、ビーバーへ迫る。

 二人が、交錯する。銀光が奔る。

 ビーバー――行過ぎて、倒れる。
 恭平――胸元に大きな傷跡。ビーバーの歯が抉りとっていった。

「俺も、引き際は理解して……。」

 喘ぐような断末魔。ビーバーの声。溢れ出る力が身体を修復――それさえも、追いつかない。

 身体が崩れる。塵と化す。その内側から、白い光。宙へ昇り、溶けるように消えた。

「……なん、だった、んだ。」

 恭平。荒い息をつきながら、ビーバーの倒れた場所へ。
 何もない空間。失われた強敵の姿――まるで、最初から存在しなかったかのように。

 周囲――抉られた地面。一部の湖面が赤く染まった湖。断ち切られた、鋭い爪。

 確かな残滓。

「……疲れた。」

 荷物と、鋭い爪を拾い上げ、谷へ。

 その体が、傾いだ。限界を越えた肉体の酷使――超スピードの濫用。身体への負担。
 
 突如、意識が、黒に断ち切られた。



   -1-

 気付くと、水上に浮いていた。流れる小川。たゆたいながら川下へ。

 推測――湖から谷へと流れる川への転落。荷物を浮き代わりにここまで来た。

「……なにを、しているんだ。俺は。」

 ぼやいて、右手に握られたものに気付いた。

 鋭い爪――強敵といえたビーバーが残したもの。亡骸も残さなかった強敵の、残滓。

 なくさないよう、懐にしまいこむ。白い光――魂は無へと帰したが、墓は作ってやりたい。
 ビーバーが瞳に宿した決意に対する、恭平なりの誠意。戦った者同士の結びつき。

「……どれぐらい、流された?」

 水面を渡り、岩に取り付いて陸地に上がる。
 荒れた岩肌にぽつぽつと緑が混ざる。平野が近い。すでに荒野を抜けつつある。

 濡れた服を脱ぎ、水気を絞る。
 
 濡れたままでは動きづらい。ズボンだけは身に着け、半裸での行軍とする。

 衣類を風になびかせながら、荒野を渡る。
 次第に緑と茶の比率が入れ替わる。砂地から平原へのターニングポイント。

 次第に、爽やかな風に緑の匂いが混じる。
 乾いた荒れ野とは大きな違い。

「……なんだ?」

 草原を進む。その先に、人の影。

「きゃ~わいぃ~!きゃあわぃいぃ―――ッ!!」

 耳に届く嬌声。男の声。三人の姿。

 たくましい影――歩行雑草。人の形をした歩行植物。痩身に抱かれている。

 痩身の影――歩行雑草を全力で抱きしめる男。

「だ、だぁめですぅー!ご主人様やめてくださいぃ!」

 女、いや、少女の影――歩行雑草に抱き縋る痩身の男を引き剥がそうとしている。実らない努力。

「なんで歩行雑草なんですかぁ!?そんな可愛くないの抱きしめないでくださいぃッ!!」

 悟られないよう、近づく。より鮮明な少女の悲鳴。

 魔女のような衣装。威厳はない。

「ならばお前も抱きしめるッ!」

 少女に対する、痩身の男の返答。歩行雑草を離し、もろ手を広げて少女を追う。

 逃げる少女。追う男。さらに少女は逃げる。男が追う。
 涙目の少女。喜色満面の男――高らかに歌いながら、その軽快な足裁き。

「いいぃぃやあぁぁーッ!!」

 叫び声だけが虚しくこだまする。声が高まるたび、陶酔に男の頬が緩む。

「……む?」

 男の表情が、引き締められた。視線が向けられる。ようやく、彼らにとっての第三者に気付いた。

「な、なんだなんだ!ひとの憩いの場を傍観するとは破廉恥極まりない行為だぞ!?」

 男は憤慨し、自分の眉間に親指を強く押しつける。

「……礼儀知らずな奴め。このサバスが矯正してくれる……。」

 恭平を指し示し、高らかに宣言する。

「ぇ?え!?えーッ!?わ、私は関係ないですからねーッ!!」

 少女が慌てて退避する。木の陰。顔だけを覗かせて、おろおろとこちらをうかがう。

「……よくわからんが、かかる火の粉は振り払う。」 

 動作の大げさな男に油断なく視線を向けながら、恭平はゆっくりと短剣を引き抜いた。
PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+